東京とソウルの文化情報を発信


by 3butabara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2007年 11月 10日 ( 1 )

怒濤の週末は、金曜日の深夜から始まりました。
友人Uの誕生日。
高田馬場の「琉」で、明け方まで、誕生パーティー。
そんで、土曜は、朝から国営昭和記念公園で駅伝大会。
ガチンコで3キロ走ってきました。
ほとんど寝てなかったのに、記録は去年よりも1分以上速くなってました。
不思議ね。
昼は、深大寺で名物の蕎麦。雨で冷えた体が温まりました。

そんなわけで、15時過ぎに池袋へ。
「サタデーチャンゴフィーバー2007」へ行ってきました。
チャンゴを観るのは初めてだったので、
出来の良し悪しは分かりませんでしたが、
聞いていて心地良いリズムでした。
形は、日本の鼓を大きくしたかんじ。
でも、鼓よりも勇壮で、どこか南の島のリズムに似ているなあ、と思いました。
銅鑼が混じっていたからかもしれませんが・・・。

遠くは大阪や富山からの団体も参加していて、
それぞれに特徴のあるパフォーマンスを見せてくれました。
創作曲や舞踊も混ぜて、楽しい演目ばかりでした。

イベント自体は、高校の文化祭みたいな雰囲気。
良く言えば、アットホームな感じ。
厳しい見方をすれば、あんまり外を向けて発信していないような、
そんな内輪のノリを感じました。
(もしかしたら、天気のせいで、そうせざるをえない状況だったのかもしれませんが)
演奏も観ていて楽しかったんですが、
せっかく迫力のある演奏でも、微妙に演者に距離感を感じました。
観客席の区切り方に問題があるような気がしました。

でも、チャンゴのワークショップなんかもあって、
観客も参加できるのは、素敵だなと思います。
今回、僕は参加できなかったのですが、一度挑戦してみたいです。

始まって、まだ3回目のイベントなので、まだまだ発展途上なのかもしれません。
今後どのように進展していくか、楽しみにしたいと思います。

チャンゴに関する知識がないので、
あくまでも印象ばかりのレポートになってしまいました。
同じ伝統芸能系のイベントでも、
阿佐ヶ谷のバリ舞踊祭のレベルの高さに改めて気付かされた気がします。

c0140358_17143484.jpg

c0140358_17143469.jpg

c0140358_17143432.jpg


w
[PR]
by 3butabara | 2007-11-10 17:14 | 東京遊び