東京とソウルの文化情報を発信


by 3butabara
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

日本の劇作家・坂手洋二さんの『ブラインドタッチ』の韓国版を観てきた。
演出も俳優も韓国人。

c0140358_1826105.jpg


恥ずかしながら、途中から韓国語がわからなくなっちゃって
話の内容を見失ってしまったんだけど><;

登場人物は二人の男女で、どちらも中~壮年の日本人。
二人は獄中結婚していて、服役していた男が出所したため
結婚16年にして初めて同居するという話。

これを見て一番ビックリしたのは
(そしてまさかそんなことを感じると思わなかったからそのことにもビックリした)
二人とも日本人にまったく見えなかったこと。
それは、韓国語を話しているから、というわけではなくって
喋り方とか身振りが韓国人だったの・・・。
演技が下手ということじゃなくって。(むしろ演技は上手だ!)
俳優がこれまで重ねてきた「自分」というものは
意識的であれ、無意識的であれ、身体に染み付き、
その人間をがんじがらめにしているんだと思った。
それを見えないように自分をニュートラル化するのは
恐ろしく難しい作業で、
この作品に出演しているようなベテラン俳優でさえ四苦八苦するような、
たぶん一生かかってやるような作業なんだろうな。
でもそのニュートラル化が演技の出発点なんだろうな。


演技をやろうと思ったら、

「自分が何者か」

ってことを何よりもまず理解しないといけないんだな、と思いました。



ううむ、難しいね~!

はるか


(追記:
そんなことを感じたのは、日本限定色の濃い社会問題を扱った戯曲を外国人が演じるという
パターンを今回初めて見たからかも。
前にも日本の戯曲を韓国人が演じた舞台を見たけど、
そのときに違和感を感じなかったのは
設定が日本でも韓国でもフランスでも成立するような話だったからかも。
あとはその作品は演出が日本人だったのよね~・・・。
なんなんだろう・・・引き続き要研究だな。)
[PR]
by 3butabara | 2008-03-08 18:47 | ソウル遊び

マラソン

今更ですが、
東京マラソンを走りました。
沿道に226万人もいたみたいです!
箱根駅伝並みです。すごい!
ニューヨークシティーマラソンも観客220万人らしいですが・・・。
日本人マラソン大好きですね。


さて、肝心の僕の結果は、
4時間かかってしまいました・・・。
ハーフの通過は1時間30分台だったのに。
どうして???



I尾さんが出る大会って、
もしかしてソウル国際ではなく、
ソウル国際市民マラソンのほうでは?


wa
[PR]
by 3butabara | 2008-03-01 00:47 | 東京遊び